FC2ブログ

一覧表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

マルチーズの遺伝病


「マルチーズ かかりやすい病気」でグーグル検索をし上位20件から病名のみ拾い集めました。
なぜなら上記ワードで調べる人が主に目にする病名がそれらだからです。
20箇所のサイトで重複もあるのでどこからどれを拾ったかは明記しませんがお許しを。

これらの病気はほぼ100%遺伝性疾患です。
犬の遺伝病は人間とはまるで違って、繁殖者のせいで遺伝し発症します。
繁殖者がプロのブリーダーであっても一般家庭での素人繁殖でも変わりなく繁殖者のせいで発症します。
生き物に絶対はないとか遺伝子検査ができないから避けられないなどと言い訳をするブリーダーだらけですが、
そんな世にも不思議なアホなことをほざくのは先進国では日本くらいなんですよ。マジです。

わたしたち人間にも多くの遺伝病が存在しますが、
人間の遺伝病に何らかの責任がある人なんかいません、絶対に。
遺伝子疾患ではなくたとえ親からの遺伝による遺伝性疾患だとしても。
とにかくこのブログでは犬のことしか話題にしないのでそもそも無関係なのですが、
お粗末な擬人化思考をどうしても止められない人がたまにいるので念のために書きました。


犬種別 遺伝性疾患への注意呼びかけ記事
プードル     http://saat50.blog.fc2.com/blog-entry-38.html 
チワワ      http://saat50.blog.fc2.com/blog-entry-42.html
ポメラニアン    http://saat50.blog.fc2.com/blog-entry-72.html
柴犬       http://saat50.blog.fc2.com/blog-entry-92.html
ヨーキー     http://saat50.blog.fc2.com/blog-entry-110.html
Mシュナ      http://saat50.blog.fc2.com/blog-entry-120.html
シーズー     http://saat50.blog.fc2.com/blog-entry-128.html


先天奇形の群
停留精巣(遅くても生後1ヵ月までには2個降りるのが正常)
気管虚脱
乳歯遺残
不正噛合
幽門狭窄(消化障害が起こるお腹の病気です)

目の病気
眼瞼内反症
緑内障
白内障
流涙症
進行性網膜萎縮症
二重まつげ(一部分だけ重複しているケースもあります)

皮膚の病気系
外耳炎
紫斑症(血液の病気)
脱毛症(クッシングやアジソンなどホルモン性が多いようです)
膿皮症(体質が遺伝性のケースが多いです)
ノミアレルギー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎

内分泌やホルモンの病気
低血糖症
糖尿病(二次性でも原因は遺伝病なケースもあるんですよ)
甲状腺腫瘍

骨や関節の病気
パテラ
関節炎
関節リウマチ(本当は免疫の病気です)
多発性軟骨性外骨症
半椎体症
レッグペルテス

脳神経や心臓病
水頭症
僧帽弁閉鎖不全症
三尖弁閉鎖不全症
ホワイトドッグシェイカーシンドローム(免疫系と考えられています)

その他
肛門のう炎(遺伝的な体質のほか性質も関係してると思われます)
免疫介在性溶血性貧血(いくつか細かい種類があります)
免疫介在性血小板減少症(これも細かい種類にわかれます)


※いくつか気になる記述
http://choitame.com/maltese-disease/
「垂れ耳なので、耳の中が蒸れやすく」外耳炎にかかりやすいという説明は、どちらかと言うとデマです。

http://news.livedoor.com/article/detail/12608226/
パテラの理由として「フローリングなどの床を走り回るなどの日常行動からくる外傷の場合」があると書かれていますが、
白か黒かという言い方をするならこれもまったくのデタラメです。
どこでもさも事実かのようにこのように書かれていますので読むときはご注意を。

http://pellot.info/health/905/
https://www.axa-direct.co.jp/pet-ms/detail/2701/
「後天性の心臓疾患、老齢の小型犬に多く」とありますが、心臓病の多くは年をとってから症状が重くなる先天性疾患です。
こういう素人考えな説明サイトはマジで蔓延りすぎなので要注意です。


最近は1代雑種犬の片親として繁殖屋で地獄のような暮らしをするマルがずいぶんいるようですが、
ふつうのマルチーズ×マルチーズの繁殖でさえ、重い遺伝病を避けるマトモな繁殖が少ないのですから、
いわゆるミックス犬ではさらにそういう配慮がなされず、やったもん勝ちの無法地帯です。

マルと掛け合わされる頻度の高いのは今までに記事にした小型犬全部だと思いますが、
どの犬種でも遺伝病として登場する病気って、けっこう同じものがあるんですよね。
つまり「雑種は強い」がまるであてはまらないわけで。
だから1代雑種は乱繁殖の犠牲犬種にほかならない、って結論を出すしかないって、
1代雑種をショップで買って喜んで飼ってる人にもわかってもらいたいものですよねぇ・・。



クリックでハゲまされます。ツルっと。






人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

心が折れて更新停止中

ちよ

Author:ちよ

応援してNE☆




がおー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
2764位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1428位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村注目記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。