一覧表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

乳腺腫瘍と会陰ヘルニア

知ってました?
未避妊のシニア年代のメスに多い乳腺腫瘍と、
未去勢のシニア年代のオスに多い会陰ヘルニアって、

どっちも遺伝病だってことを。

遺伝的に乳腺腫瘍にかかるリスクを持つメスが長いこと未避妊のままでいると、
性ホルモン由来の乳腺腫瘍発症リスクもあがるんだってことを。
だから未避妊でも乳腺腫瘍にかかる犬とかからない犬の両方が存在するんですよ。
当然乳腺腫瘍の発症リスクが低いか無い血統も存在しますね。

遺伝性疾患ですから、血統や個体の遺伝的な体質で左右されるってことです。
なので「未避妊でも乳腺腫瘍にかからない犬もいるんだからウチもそうかも」
みたいな考えはただの博打にしかなっていないのがおわかりになるかと思われます。
検査の数値では現在では調べられない遺伝的な体質の問題なのですから、
せめて血縁の犬の情報じゃないと参考にはならないですよね。


会陰ヘルニアって「ヘルニア」という名で誤解されることもあるみたいですが、
とりあえず椎間板ヘルニアとはまったく別モノだからダックスとかコーギーとか関係ないです。
病名のほかにウンチが出にくくなるという共通症状も間違い要因なのかな?とにかく別です。

遺伝的に会陰ヘルニアにかかるリスクを持つオスが長いこと未去勢のままでいると、
性ホルモン由来の会陰ヘルニア発症リスクもあがるんだってことを。
だから未去勢でも会陰ヘルニアにかかる犬とかからない犬の両方が存在するんですよ。
当然会陰ヘルニアの発症リスクが低いか無い血統も存在しますね。

遺伝性疾患ですから、血統や個体の遺伝的な体質で左右されるってことです。
なので「未去勢でも会陰ヘルニアにかからない犬もいるんだからウチもそうかも」
みたいな考えはただの博打にしかなっていないのがおわかりになるかと思われます。
検査の数値では現在では調べられない遺伝的な体質の問題なのですから、
せめて血縁の犬の情報じゃないと参考にはならないですよね。


気の毒な犬の話題に敏感な人は「犬の遺伝病を無くそう、減らそう」みたいなことをよく仰るので、
できれば何が遺伝病かを知ろうとしてくださるとありがたいなと思います。
遺伝病をストップしない悪徳ブリーダーがどうのこうのとネットで発言しといて、
飼い犬に乳腺腫瘍や会陰ヘルニアを発症させたとしたら、そんな頓珍漢な話はないですから。


あと、大多数の獣医師が犬の不妊手術は病気予防のタメでもある的なことを言いますが、
犬の不妊手術は妊娠を不可能にするための手術であって、病気予防はあくまでも付随するメリットです。
このお話は獣医という職業の人々が犬の生態や習性や訓練分野の知識に欠けることを指す、
のかもしれないなぁと時々思わされます。獣医療のプロなだけ。遺伝病はあんまり詳しくないけど(汗







参加ブログランキング2つです




関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

今なら最大20%OFF

チキン&サーモン53% グレインフリー

毎日19時に更新中

ちよ

Author:ちよ

応援してNE☆




がおー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
5409位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

2796位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村注目記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。