FC2ブログ

一覧表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

社会的動物の社会性

犬の社会性とは他犬や他人への馴れ具合のほかにもいろいろあるんですよ。
代表的な教育について少し。

あんまり深く考えずによかれと思っちゃった環境省の幼齢個体の販売制限でも有名なように、
犬は自分以外の犬から犬のなんたるかについて学ぶ期間・機会があります。

曰く。子犬が生まれたら生んだ母犬と同胎の兄弟犬は離さない、的な。
ただそれだけじゃ悪いことばかり起きるケースの増えちゃうんですがそれは気づきにくいようで。

・ものを(と言うか生き物とそうでないもの)噛む力加減を覚える
・情緒が安定する
・免疫力UP

あたりが培われるというのが一応のセオリー(実際はちゃんちゃらおかしい面もちらりほらり)。
今回この記事で話題にしたいのは、母犬とは限らないから社会性動物だという点です。
社会性が養われている犬が1頭、お手本犬になれるなら、
お手本犬が社会的な行動を子犬に教えるし子犬もお手本犬を真似るんですよ。

お手本犬は血縁も性別も無関係。オスの老犬とかでも立派にお手本を示しますが、
先生も若い方がやる気がある感じがするのは人間と一緒です(笑
優秀なお手本犬は特別な訓練なんかいらなくて、
ごくふつうに社会化がうまくいった犬ならどんなでも可能性あります。

細かいことはお手本犬の性格によりますが、できないことは母乳を出すだけ。
噛み加減教育はもちろん、離乳食用途の吐き戻しも排泄後のシモのお世話も何でもします。
飼い主がお手本犬にそうやれと教えたのではなく犬の本能に組み込まれているのです。

それが社会的動物たる所以だろうと思われます。
情報伝達や文化の継承はが持つ能力ってことです。
血縁じゃなくて、犬という種族だから誰もが種族間で伝達し合えるわけです。




参加ブログランキング2つです




関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

心が折れて更新停止中

ちよ

Author:ちよ

応援してNE☆




がおー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
2764位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1428位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村注目記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。