FC2ブログ

一覧表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

保護活動で一番大変なこと

犬のレスキューで最も手間隙がかかって頭を悩ませること、何だかわかりますか?

答えは「人間関係」なんですよ。
大変だから嫌なことってわけでもなくて、重視すべきことです。

団体でも個人でも一番モメる原因になるのが人間関係。

団体だとスタッフの入れ替わりが激しい所は基本要注意。
預かりボラさんがすぐ替わるとか預かりブログの更新がすぐ途絶えるのはまだマシなほうで、
元スタッフの内情暴露とか元スタッフによる糾弾なんてのもよくあります。
そういうのはだいたい誰かの(たいてい代表者)着服が発端になりますね。

着服は寄付金、支援物資、そして犬。

最近は「犬の引き取り屋」がネットで話題になることがあります。
「里親探しサイト」では保護団体を名乗って。
引き取り屋はレスキューができていないしスタッフではなく信者さんに囲まれた感じ。

慣れないうちは見極めがちょっと難しいんですが、
収支報告の有無と譲渡犬の不妊手術の有無があるかないかだけでも見るようにするといいですよ。

どっちもナシか曖昧だと限りなくアヤシイです。
活動内容がアヤしくても犬が助かるならよいのでは?
なんて意見がいつの時代も出ますがアヤしい活動は新たな保護犬を増やしちゃいますからね。


わたしは何年も保護活動を続けているかたや多頭崩壊の単発レスキューのどちらも、
いくつかの団体や個人のかたと直接お話をさせていただいた機会があります。

率直な印象。(自分も含めて・・)
気が強い
芯が強い
アクが強い、そんなオバサンが多いです。(おじさんもいるけどおばさんより少ない)
まともだなっと思う「犬の保護活動」を続けていらっしゃる方々って。

別に女神様や菩薩のような素晴らしい人間性じゃなくていいんです。
「何よりもワンちゃんをだいじにする」とかも必要ありません。
当たり前の常識があって、奢らない、他人に対する礼儀・思いやり・配慮。

スタッフのいない個人の活動でも、保護犬を託す新飼い主さんとのやり取りがありますから、
やっぱり人間関係をうまくできるってことが保護活動には重要な資質だと思われます。




参加ブログランキング2つです




関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

心が折れて更新停止中

ちよ

Author:ちよ

応援してNE☆




がおー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
5032位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

2587位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村注目記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。