一覧表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

柴犬の遺伝病

病気の少ない犬種だったはずの日本犬。
私たち日本人には愚かなクセがあるようで、ある犬種を皆が好きになって人気犬種が生まれます。
人気犬種はどの犬種も例外なく病気と臆病さが目立つようになり、問題を抱えた犬が比例して増えます。

や、書き方がよくないですね。
犬が問題を抱えるわけじゃない。
人間が人気犬種にたくさんの問題を抱えさせる、が正解でしょうか。

「柴犬 かかりやすい病気」でグーグル検索をし上位20件から病名のみ拾い集めました。
なぜなら上記ワードで調べる人が主に目にする病名がそれらだからです。
20箇所のサイトで重複もあるのでどこからどれを拾ったかは明記しませんがお許しを。

また、これらの病気が遺伝性疾患であるかどうかは主に英語で検索し、
英語圏の遺伝子検査ラボや各国の大学の獣医学部の情報をまとめたものです。
(必要なかたにはその詳細情報もお知らせします。どうぞお気軽にコメントください)

プードルの遺伝病の記事     http://saat50.blog.fc2.com/blog-entry-38.html 
チワワの遺伝病の記事      http://saat50.blog.fc2.com/blog-entry-42.html
ポメラニアンの遺伝病の記事    http://saat50.blog.fc2.com/blog-entry-72.html

※犬種は2016年のJKC登録数順で頭数の多い犬種から記事にしています。
ですのでダックスが3番めなのですがUP順番を変えています。
※柴犬はJKCより日保系登録が数倍あると思いますがわたしが最近確認していないので考慮していません。


以下は「遺伝性疾患」なのです。ブリーディングコントロールするのが本当の。
たとえかかりつけの獣医師がそう説明しなくても繁殖者が遺伝じゃないと言ったとしても遺伝病です。

柴犬の飼い主さん、どうかお願いです。真実を知ってください。
よくある病気だからしかたがない、んじゃないんです。
人間が正しい情報を共有することで、犬に痛い思いや苦しい思いをさせるようなことが少なくなるんです。



アトピー性皮膚炎
アレルギー性皮膚炎
アレルギー

甲状腺機能低下症
ブドウ膜皮膚炎症候群(自己免疫疾患による皮膚病と書いてあるサイトアリ)

角膜炎
白内障
緑内障

外耳炎(外耳炎になりやすい体質であれば遺伝性が疑えます)

膝蓋骨脱臼
股関節形成不全
椎間板ヘルニア

胃腸炎(漠然としていますが原因が遺伝である例が存在します)

泌尿器系の病気(胃腸炎の説明と同じ)

腫瘍(胃腸炎の説明と同じ)

僧帽弁閉鎖不全症
心室中隔欠損症

認知症(犬で遺伝性が確認されているのはアルツハイマー型など少数)



日本で人気犬種になってしまうとこうなると犬たちが知ったなら、
頼むから自分たちのことはそっとしておいてくれと言うんじゃないか。

そんなアホっぽいメルヘンなことをたまに考えてしまいます。
人間に遺伝病を持たされた犬たちが気の毒で気の毒で。

遺伝病の犬は何も悪くないです。
遺伝病の犬と出会って暮らしている飼い主さんも悪いところなんかほとんどありません。
それから、遺伝病だと言ってくれない獣医師にふつう責任はないでしょう。

それらと同じように、生ませた犬が遺伝病を発症してしまっても、
その繁殖者が悪いわけではないケースがとてもたくさんあります。
愛犬が遺伝病を発症した飼い主さんと同じく「ただ知らなかっただけ」かもしれないので。

だから、犬の遺伝病を失くそう!なんて思わないでくださいね。
必要なのは正しい情報を基にした繁殖のコントロールなのですよ。




参加ブログランキング2つです




関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

今なら最大20%OFF

チキン&サーモン53% グレインフリー

毎日19時に更新中

ちよ

Author:ちよ

応援してNE☆




がおー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
5409位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

2796位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村注目記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。